施工実例No.202
都市型住宅のプロフィールを持つ作業所。

敷地が広いからではなく、駅近の好立地を活かして利便性の高い施設とするために、
SE構法により規制下で最大限の大開口空間を実現

[施工実例No.202 横浜市鶴見区]
構造・工法 新築木造住宅|自由設計|2階建て|SE構法(長期優良住宅)|グループホーム|土地の有効活用
インテリアほか 吹抜け|車椅子対応デッキテラス|
設備機器 全室ガスファンヒーター対応|エコジョーズ(高効率ガス給湯器)|エレベータ(車椅子対応)
設計施工 山木屋一級建築士事務所|山木屋建設|2012年1月完成
施工ポイント
(企画提案)

土地の有効活用
借地契約
福祉施設建設運営

◇地主さんと建物オーナーになる方へ施設建設事業の提案と福祉団体を山木屋がご紹介する。
◇建物オーナーさんへ福祉団体(ぱれっとの会)の要望する新しい福祉施設にあった建物を山木屋が企画提案。
◇地主さんと建物オーナーが土地の借地契約を交わす。
◇事務所兼作業所としての活用を目的とする施設を設計施工。
◇建物完成時に建物オーナーさんと福祉団体(ぱれっとの会)が借家契約を交わす。
◇横浜市の福祉施設助成制度を活用する。

施工ポイント
写真解説

◇都市、商業地の景観を意識した外観。コンクリート打ちっ放し風のシンプルモダンな仕上がり。
◇作業所なので玄関の三和土はない。そこで庇を設置。玄関脇は庇より大きな屋根があるのは駐車場。
◇1階店舗(作業室)。掃き出し窓の外は道路になっている。
◇1階へは車椅子でダイレクトにアプローチできる。
◇1階のエレベータ。開閉ボタンに気づかないと和室の居室かと間違える質感の高さ。
◇1階事務室。住宅ならユーティリティといったところ。
◇2階の居室は、作業はもちろんだが利用者さんとスタッフのミーティングがあったり、昼食をとることもある。大勢が集まって使用頻度の高い部屋なので、天井港を高くして開放感を強調してある。
◇壁面としてみると竹林のような壁紙。
◇高い天井には換気・循環の天井ファンを設置。
◇キッチンは一般住宅と変わらない。数名が同時にキッチンに立つこともあるので「Iの字」型キッチンが使いやすい。
◇階段の壁紙は階毎にオレンジ系とグリーン系の色違いに。
◇小屋裏は天井が低く大人が立つことこそ無理だが、座椅子があってミーティングだって可能。
◇シャワーブース付きの車椅子対応トイレ。浴槽さえ用意すればすぐにバスルームになる機能が備わっている。

|グループホーム| No.159 | No.165 | No.170 | No.178 | No.193 | No.196 | No.199 | No.202 | No.205 |

| 次のページ矢印右前のNo.  |  次のNo.次のページ矢印右  |   施工実例一覧ページ 施工実例一覧ページ矢印上 |

 

 

こだわりの自由設計・安心構造の施工・修繕から改築リフォーム・建て替え・住み替えなど、お気軽にお問い合わせください。
山木屋へのお問い合せ電話番号

ページトップ矢印上 このページのトップへ

山木屋ロゴマーク
山木屋ロゴマーク〒221-0825 神奈川県横浜市神奈川区反町4丁目37番1号 電話045-312-4540(代表)
Copyright (c) 2012 YAMAKIYA Group. All rights reserved.